本文へスキップ

ALSAは国内にとどまらず、アジア、さらにはヨーロッパなどの学生と学術交流を行う
アジア最大規模の法学生団体です。

国際活動Intaernational Activity

私たちはALSAのもつネットワークを生かし、海外の学生と活発に交流しています。ALSA全加盟国が集まる総会としてALSA ForumとALSA Conferenceがそれぞれ年に1回行われます。二ヶ国間もしくは多国間で行われる国際交流はStudy Tripと呼ばれ、年間を通して数多くのStudy Tripが開かれています。これらの国際活動は学生の成長や異文化理解を促進してきました。

ALSA Forum / ALSA Conference


例年、ALSA Forumは8月に、ALSA Conferenceは1月に開かれます。どちらもディスカッションや文化交流も行われますが、ALSA Forumではこの団体の今後の展望が話し合われ、ALSAを運営する役員の選挙が行われる点に特徴があります。それに対し、ALSA Conferenceではそれらは行われず、学術交流に重きが置かれています。そのため、ディスカッションに加えて模擬裁判などが開催されます。


ALSAに加盟するすべての国から学生が集まる場は壮観で、この団体の規模の大きさを感じることができます。2011年には日本でALSA Forumが開催され、大いに盛り上がりました。

     

ALSA Conference 2014 in Singaporeにて、全加盟国の学生が集合したところです。

Study Trip


各国が自由に行うことのできる企画がStudy Tripです。参加国、開催時期、企画内容などすべてが開催国の裁量に任されており、多くの国によって頻繁に開かれています。日本は例年、夏に開催国として海外の学生を招き、ディスカッションや観光などを行っています。交流の枠はアジアにとどまらず、ヨーロッパやオーストラリアなどの学生とも繋がりをもっているため、様々な国の学生に会いに行くことができます。

海外の学生と共に議論し、遊び、寝泊まりして密に交流できることが、Study Tripの醍醐味です。異なる背景を持つ学生が互いの価値観の共通点や相違点に触れ、多くの経験を共有することで、国内外に幅広い仲間との「つながり」を築くことができます。

東南アジア4ヶ国のALSA会員を招待して開催した、Study Trip in Japan 2013での様子です。

Loading